menu

当社の第三者としての位置づけ

当社との提携以降は未収なく口座振替できている事実、かつ、提携以前に累積してしまった滞納残高についても、当社の弁護士との協働により、回収が円滑に進んでいる、または、返済計画が明確化した事実をふまえ、管理会社の担当の方からお褒めの言葉を頂戴しました。

管理会社の担当の方のコメントとしては、受発注の関係が明確で利害が直結する管理組合と管理会社ではない、第三者としての当社の位置づけがポイントということでした。